エントリー

カテゴリー「映画など」の検索結果は以下のとおりです。

タクシー運転手ー約束は海を越えて―見た

たいへんいい映画だとゆー噂を耳にしまして、映画館へ行ってまいりました。韓国の映画ドラマを今までに見た記憶が無いので初めてなのかもしれません(頭悪いのですぐ忘れる)。

ほんっとにいい映画でした‥。光州事件を取材するためにこっそり入国したドイツ人記者と、記者をソウルから光州までタクシーで乗っけてくタクシー運転手の話です。

最初のほうはふつーに面白くてね。タクシー運転手(ソン・ガンホ)のテンポとか面白くて笑ってたんだけど、後半はずっとおいおい泣いてました(笑)

光州事件なんて知らなかったし、やっぱり人間ってのはネトウヨみたいにちょっと間違った方向へ行ってしまうと怖いなぁと、あらためて思いました。罪も無い人が軍にたくさん殺されます。

当然ですけどドイツ人記者(トーマス・クレッチマン)が西洋人じゃないですか。そんで全編字幕だし、お隣のアジアの国の映画って感じしなくて、それも良い感じを醸し出してました。

勇気がね…あのキチガイ軍隊と戦ったタクシー運転手たちや記者や市民の勇気がね‥、たまらなかったです・・

【2017年 韓国映画】

theピーズの映画見てきました

ライブのもようを映画にするって時々ありますよね。

忌野清志郎さんの映画も何年か前見に行った記憶があります。でもねーダメなんですよ普通の映画館でやったって。音がしょぼ過ぎるの。ドカドカぜんぜんしてないからね。あんなのなら家でDVD見てたほうがマシなんて思いましたもん。

でも今回の「theピーズ武道館」は梅田のクアトロでありましたからね。ライブでしたわー(笑) ほんっとに良かったです。

私はあの武道館ライブ残念ながら行けなかったんですけど、今回の映画で少し行ったよーな気持ちになれました。

バンドの三人あんなに喜んでたんだねー。うれしそーにはしゃいでたわ(笑) 50過ぎたオッサンがあんなに楽しそうに音楽やってるなんて、ほんと素敵なバンドだなぁ…って再認識しました。かっこいい。さいこう。

 IMG_20171015_172231.jpg

〖アフロ田中〗見た

家で映画見るのひさしぶりだったなぁ。
そのひさしぶりの映画に選んだのが「アフロ田中」だった(笑)

私は顔の認識能力が低いので気付かなかったけど、なんとこのかっこいい男とかわいい女は松田翔太と佐々木希だったのだ!そりゃかわいいわ。

これもマンガ原作ですよねー。だからやっぱりマンガっぽかった。特に最後がマンガだったなー。あんな終わりあるかい。

内容?内容ねぇ…要するに青春っぽいコメディです(笑)
アフロ頭の田中君が彼女欲しくて奮闘するとゆう、要するにそれだけです。

アフロ田中の松田翔太がけっこうおもしろい。言い回しとか低いボソボソ声とかツボだった。笑わせてもらいました。eiga-tanaka.jpg

2012年/日本
監督/松居大悟

この世界の片隅に見た

今日は話題のアニメ映画「この世界の片隅に」が1100円だったので、映画館で見てきましたよっ( >ω<)

見た人がツイッターで「涙が止まらなかった」などと感想をツイートしたりしてたので、覚悟して行きましたけど、そーゆーことは無かったです。全館が涙鼻水をすする音に包まれるってことは無かったです。まったく泣かない人もいたのでは?私はすぐ泣くので、やっぱり一部シーンでは我慢できず涙こぼれちゃいましたけどね。

戦時中の広島市~呉市が舞台なので、一時、広島に住んだことがある私には江波とか灰ヶ峰とかの地名、方言など懐かしかったです。汽車で通り過ぎる駅の駅名標が「やの」とか「こやうら」とか(笑) 主人公のすずの声役の のんさんも、わりといい感じで広島弁を喋ってたんじゃないでしょうか。

私たちって戦争映画すごく見てるじゃないですか?火垂るの墓とかね。だからだいたい免疫ができてるの。空襲とか原爆とかね。これもまぁそーゆー映画ですよ。悲しい。かわいそう。節子に相当する子供も出てきますし‥。

でも同じ戦争でも当然主人公によって、見る目が違うし感じ方が違うわけで、この映画はぼーっとしたのんびり屋で感受性のひじょーに高い主人公すずさんが見たあの時代ってのがいいなぁって思いました。少女時代から大人になって嫁いだ後までつながってます。絵を描くのが好きで夢見がちなこの人の目で描いてあるから、恐ろしい爆発もどこか夢の中のよーなのです。ちょっと山下清画伯みたいな…。

すずさんってあんな時代じゃなかったら、絵を描いたり文章書いたりして、きっと楽しい生活できたのになぁ。一番?ってこともないですけど、印象に残ってるのは、すずさんが鉛筆を削ったカスを学校の教室の床の穴の中に落として捨ててたことです(笑) あれってふつーのことなの?おもしろい人だなぁって思った(笑)

戦争って良い悪いの問題じゃない。くだらない。何の意味もない。オッサンのプライドか何か知らないけど、あんなバカバカしいことに巻き込むのはやめてほしい。サバゲーでもやっとけ。すずさんもみんなもかわいそうだろ。

NNNドキュメント「5万人に1人の私~」見た

NNNドキュメント「5万人に1人の私~トリーチャーコリンズ症候群に生まれて~」とゆうテレビ番組がYouTubeに上がってたんで見ました。YouTubeでほかの動画見てたら偶然「おすすめ」で出てきたんですが、泣きました。

いや分かってるんです。人のこと見て泣くなんて失礼だろ!ってことは。でも感動ポルノ的な涙じゃないんです。自分だったら辛くて辛くて、これから死ぬまでずっと辛くて、そー思うと涙しか出ないんです。

顔じろじろ見られて「怖い」と言われたり、数人で後つけてきてコソコソ笑いあったり?もう殺してやりたいぐらい悔しい。そんな奴ら田んぼに蹴落としてやりたい。

YouTubeのコメント欄見ても、ちゃうちゃうって思っちゃう。そんな単純なもんじゃないわって思う。心の傷跡はどんどん増えていく。刺さっては塞がり刺さっては塞がり。"慣れ"と"強さ"と"意地"で何でもない顔していても、いずれ年を取って疲れてしまう時もある。でも毎日容赦なく朝が来る。

幸せになってくれ。たのむ。自分が幸せだって思えたらそれが幸せだ。そーなってくれ。あの子の一生がそーであってくれ。

それにしてもこの病気5万人に一人ってけっこうな数じゃないですか?100万人の町に20人か‥。世の中は不公平だねー神様。

「洗濯機は俺にまかせろ」見た

変な題名だよねー(笑)

これも小説が原作らしい。映画ってぜんぶ原作があって、いちから作るって少ないのかなー。原作あったら楽だよねぇ…。

筒井道隆と富田靖子。ふたりとも私はあんまり見かけないな。筒井さんなんか独特のいい雰囲気だよね。なんであんまり見ないの?私だけ?

バカっぽそーに見えるけどよく見たらこの映画、なかなか良いんですよ。おもしろかった。

中古電気店員の筒井さんとその店の社長の娘の富田さん。

口笛吹きながら川べりをフラフラと…(このシーン風来坊っぽい笑)

富田さんは奔放な娘でさ。風来坊とか捨て猫とか言われてた。今は失業中だけどずっとラジオのDJやってて筒井さんはリスナーだったのね。なんだっけ?ラジオネーム:コミックショーだっけ。いいよね。このラジオを通した雰囲気。

「熱でもあるの」ってこんなことする女なの。

「照れちゃってかわいい」って魔性の女かよ。

で、ちょっといい感じになっちゃって。

ラストシーンが良いよ。

彼女またふらふらーと遠くに去って消えちゃう。

また始めたDJのマイクからコミックショーさんにメッセージ。届いたのか届いてないのか分からないけど…

 

1999年/日本

「しゃべれどもしゃべれども」見た

香里奈の声に似てるし顔もなんとなく…って思ったら、やっぱり香里奈でした。そーか香里奈が出てたんだこの映画。私は顔の認識能力が低く、なかなか出演者が覚えられないのですよ(笑)

主演:国分太一。髪型変えて着物着たりしたらわかんないよなー。

売れない落語家のお話です。今昔亭三つ葉ってゆう。

あったかーいお話しですよ。

人に教えるよーな身分じゃないってのに、ひょんなことから三つ葉さん、自宅で落語教室始めるはめになるのよ。生徒が香里奈と小学生男子と、元野球選手の3人。この人たちとの人間模様が面白くてね。

香里奈はやっぱりあーゆータイプなんだよなー。いつも不愛想で怒った口調の…(笑) まぁ、ああゆう演技しろって言われるんだからしょーがないだろーけどさ。

元野球選手の湯河原は野球解説がへったくそで、それに悩んで落語教室に来たのに小学生にめっちゃくちゃ言われてさー(笑)

小学生「ものすごい下手やねん。何にも喋らへんねん。アナウンサーがもう どないしょう思って2人分喋ってんの笑えるでー。クビになったん?」

湯河原「このクソガキもういっぺん言ってみろ!!」

 

とまぁこんな感じの映画なんだけど、ひとつ言えることは八千草薫さんは素晴らしい。粋な江戸のおかみさんやらせたら、この人が一番だね。

 

2007年/日本

  

「まほろ駅前多田便利軒」見た

私ねぇ、この映画に出てくる雑居ビルみたいなアパート物件いま目をつけてるんだよねー。住みたいと思って(笑) でもお金無くて決められなくて、たぶん無理。残念だなぁ…。

この映画おもしろいですよね。昔の探偵モノみたいな雰囲気で。

瑛太と松田龍平のコンビ、最高だよね。

なんじゃこりゃあ~!

上のよーな面白いシーンだけでなく、よく見たら所々にいい言葉が散りばめられてるんだよね。

由良公 生きてればやり直せるって言いたいの?

多田 いや、やり直せることなんかほとんどない

多田 お前は何も持ってないように振る舞ってる。でも本当は違う。持ってない振りしてお前は全部持ってる。お前を大切に思う人も、お前と血が繋がってる子供も。なのに何も持ってないと思ってるお前は傲慢で無神経だ!

行天 そうかもしれないね。あんたの言うとおりだ。でもね…俺も知りたいんだ。人はどこまでやり直せるのか…

 

私もね、わからないよ。どこまでやり直せるのか。どこまで行けるのか。何にもわからない。困ったよね…。ただ人のことはよっぽど深く知らなきゃ分からない。ぱっと見て自分の価値観だけで人のことは言えないんじゃないかと思う。こうやって思ったことぶつけていくうちに親友になっていくのかな?

2011年/日本

「さよならみどりちゃん」見た

ユタカとはじめてヤった日、ユタカは本当に熱くて、私は溶けて無くなった

ユタカってひどい男だよなぁー。

でもたぶんあんなふうにされたら好きになっちゃう。かっこいいし(西島秀俊だもんねー)。ゆうこの性格はわりと私に似ていて、なんか分かるな。ちゃんと断れないんだよねー。

特にこれってゆうストーリーじゃないです。たんたんとした恋愛の話。どこにでも転がってそうな話だから、自分に重ねて見ることができれば入り込めるんじゃないかな。

一点気になることがあります。

ユタカとみどりちゃんの乗ったタクシーをゆうこが走って追いかける時、靴がサンダルからスニーカーに変わっています。なんかおかしいと思ったんだよね。スナックでバイトしてる途中で出てきたんだからヒールとか履いてるんじゃないの?よく走れるなぁ、愛の力かなぁ…と思って気にして見たらこのよーなことに(笑) 足音が違うもん。

走りやすそうなスニーカーですね

 

帰宅時は元のサンダルに…

こんなあら探しするの嫌いですけど、やっぱりちゃんと作れよな!って思います。下町ロケットの職人に怒られるよほんと。

 

でも私はこの映画なんとなく好きです。

この映画を見て荒井由実のCD借りました。しばらくカラオケで「14番目の月」歌ってたよーな記憶あります(笑)

2004年/日本

「逃亡くそたわけ」見た

この映画好きです。

何年か前に一度見て、そのあと原作も買って読みました。

メンヘラの男女二人、ナゴヤンと花ちゃんが福岡の精神病院を脱走して九州中、車で逃避行する物語です。その車がふるーーーいマツダのルーチェってのが笑えます。原作通り探したんでしょーね(笑) 二人は盗み、当て逃げ、飲酒運転、無免許運転と、悪いことばっかりしながら当てもなく走り続けます。

前に見たときは私はメンヘラの気持ちあんまり分からなかったけど、今はわかるよーになってしまいました。成長しましたねー。

なごやんはうつ病で、花ちゃんは躁鬱なんです。花ちゃんは幻覚幻聴にずーっと追いかけられます。映画の中でその幻覚の描写はハロウィンみたいなクォリティですけどね。私はそーゆーのは経験ないのでよくわからないです…。

この映画にtheピーズってバンドの曲出てくるんですが、私がピーズを好きになったのはこの映画を見て聴いたからです。今やピーズ無しでは生きられない体になっていますから、この映画にけっこう私、影響受けてしまったんだなーって思います。

ルーチェが花ちゃんの幻覚トラックと対峙するシーン最高!

このあと突っ込んでいくんですが、満身傷と汚れだらけでボロボロのルーチェが巨大トラックにフルスピードで向かっていくのは感動的。けっこう苦労して撮ったんじゃないかなーなんて思ってしまいました。ライトの揺らめき具合とか、いい。

なごやんって優しいんですよ。花ちゃんのわがままにもぜんぜん怒らずにずっと付き合ってくれて…。ぜんぶなごやんのおかげだね!幸せになってね!

 

2007年/日本

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

家を買いたい2
2019/08/04 15:10
うみぞら映画祭
2019/07/03 21:52
清志郎さんのイベント
2019/06/21 20:05
新しいコーヒーメーカー
2019/06/02 21:00
初甲子園球場
2019/05/19 16:15

新着コメント

Re:りんごの祟りか
2016/10/10 from 野菜
Re:新しいカテゴリー!
2016/02/09 from 野菜
Re:新しいカテゴリー!
2015/08/16 from 権限がありません
Re:目指せ社長、いや社員
2015/02/02 from 野菜
Re:目指せ社長、いや社員
2015/02/02 from ほわいと

Feed