エントリー

カテゴリー「映画など」の検索結果は以下のとおりです。

「アヒルと鴨のコインロッカー」見た

もし天国に何本か映画のDVD持っていけるのなら、私はこの映画も持っていきます。面白い、切ない、悲しい…大好きですよ。

あんなやつら生きたまま鳥葬にすればいい。ほんと。

世の中にあーゆー変質者本当にいるけど、そんな人たちと勇気持って戦う琴美さんみたいな人、そうはいないです。ドルジさん? 琴美さんは前世で悪いことしたからあんなことになっちゃったんですかね?涙止まらなかったです。

3人いい仲間だったのにさぁ…。

 

2006年/日本

 

「歓喜の歌」見た

立川志の輔の落語が元なんて私は知りませんでした。見た後で知りました。あーだから志の輔さん出演してたのかーってな具合で(笑)

そー思うとちょっとこの映画見る目も変わります。なるほどねー。よくあるどーでもいい邦画と間違えるとこでした。

やる気のねーお役所の公務員が仕事失敗して、てきとーにごまかそうとするんですが、いろんな人と関わるうちにまともな人間に変わっていきます。いいですねそーゆーの。私もまともにならなきゃ。

映画の中にママさんコーラスのグループが出てくるんですが、私、初めてかもしれません。コーラス聞いて、なんか涙出てきたの…。きれいな歌声…。普段ロックばっかり聞いてるもんで、あーこーゆうのもいいもんだなぁって。

でもあれだな。こーなると元の落語も聞いてみたいな。私 落語って聞いたことないです。いいきっかけになるかも。

 

2007年/日本/松岡錠司監督

「誰も知らない」見た

バカ女の育児放棄、子供置き去り。

実際にあった事件をもとにってのが怖い(>_<)

バカ女はYOUさんがやってて、本当にバカな感じがして良いです。

こーゆー役、この人以外にいなかったかも(笑)

子供がね、ボロボロの臭そうな服着てるの。

4人みんな学校にも行かせてもらってない。

電気も水道も止められて、12歳の長男が

いっしょうけんめいみんなを守ろうとするんだけど…。

 

人間の親なんてさぁ、みんなどうせバカなんだけど、

「お父さんお母さんのおかげです」って子供に刷り込んで

有りがたがらせてさ、それでいい気持ちになってるぐらいのバカに

しときなよー。

この映画に出てくる親ほどバカになっちゃダメ…って感じ。

 

「私が幸せになっちゃいけないの?」

 

「あのさあ、前から言ってると思うけどさー、

いつになったら学校行かせてもらえんの」

 

2004年/日本

「害虫」見た

主人公の女の子はお父さんがいなくて、

お母さんはリストカットしたりしてちょっと病んでる、

あまり幸せではでないとゆう設定の中学生。

たぶんこのDVDのレビューとか読んでその不幸な雰囲気に入ってみたくて

借りたんでしょーか以前…。だいたい私が見る映画って不幸なニオイのする

ものが多いよーな気がします(笑)

あんまりね、感想って無いんです(;'∀')

不登校、ブラブラ、底辺、家出…。まぁ有り勝ちな展開ですし。

宮崎あおい(主演)と蒼井優の子供の頃が見たい人にはいいですけどねぇ。

とにかく、淡々とタンタン タンタンタンタンタンバリンな映画です。

 

2002年/日本 

「笑の大学」見た

舞台は昭和15年…。

戦時中の日本です。

いやーおもしろい。

こんなにおもしろいのに、

見て何年か経つとその内容って細かいことわすれてるんですよねぇ。

(私がバカなだけ?笑)

ほぼ最初から最後まで、密室での喜劇舞台作家と検閲官の二人のやりとりだけですけど、

この映画自体まるで映画の中に出てくる脚本のよーな喜劇で、

その中に大事なメッセージも入っているとゆう秀作ですよねー。

たぶん音声だけ聞いても十分楽しめますよ(笑)

ラジオドラマみたいに。

ただこうゆうのが見れないですけどね↓

さるまた失敬!!のシーン。

お国のためにお国のためにと言っていた検閲官が最後には

「死んでいいのは、 お肉のためだけだ!! 」と叫ぶのは

感動しました。

 

2004年/日本/星護監督/三谷幸喜脚本

「サヨナラCOLAR」見た

前に見たときはもーちょっと好印象だったんですけどね。

今回また見たら、竹中直人妄想ワールドだなとゆー印象(笑)

すべてが完全なオッサン目線でして…

例えば、(元同級生・ヒロイン役の)原田知世がちやほやされて、

他はどーでもいい感じ。

あんな同窓会あるかいな!!

ただ忌野清志郎のちょい出演は見る価値あり⁉

主題歌のサヨナラCOLARは名曲です。流れるだけで

じーんとしちゃいます。映画内容が

負けてます。曲がアレじゃなかったらもう・・・

 

(でも嫌いな映画ではないです)

2004年/日本/竹中直人監督

「ひまわり」見た

いやー難しいですね。

釣り船が転覆して真鍋朋美(麻生久美子)が死んだってゆーだけなら

意味が分かるんだけど、あとで見返すと

出演者のかなりの人が釣り船で一緒に死んでるんですよね。

最初のニュースの映像を見たら死者に名前が出てますもん。

みんな幽霊だったん?

どーゆーこと? 私、頭悪いんで難しいです・・。

でも、その部分を棚上げして見たら、それなりに良い映画ですよ。

朋美ちゃんが寂しい。

(美人のくせに)優しさに飢えてる感じで寂しい。

寂しいからいろんな男と関係持ってたんじゃない?

彼女見てたら泣けたよ。

(リアルでは、たいだい美人は幸せになると思うんだけどね)

「私太陽が嫌いでしょ?

なのにねその人から 何故かひまわりって呼ばれたの…

私がひまわりだなんておかしいでしょ?」

 

 **

生きるって寂しくて悲しいね。

私も太陽が嫌いです。

(うそ)

 

2000年/日本/行定勲 監督

「幸福のスイッチ」見た

これも前に見たことあるんですけどね。

どんな映画かは忘れていました。

おーおー思い出した。上野樹里が「はぁ⁉」って感じの

小生意気な娘の役するやつね。

でもなんか、前に見た時より上野樹里の態度が許せてしまう。

私も大人になったのかな?(笑)

この生意気な娘と、父である電気屋のオッサンのやりとりが

おもしろい。オッサンは、かの大スター沢田研二ですしね。

沢田研二って関西の人でしたよね。関西弁うまいですもん。

「どや?」

「あほ!! 踏ん張らんかい!!」

舞台は和歌山県田辺市(?)の電気屋さん。

いいですよー。昔ながらの電気屋さんです。

ただあれですね。このお客さんが困ってれば「犬小屋まで作る」ってゆう

営業スタイル、どっかで見たことありますね。

価格ではヤマダ電機に負けるけど、きめ細かいサービスで

勝負!!ってやつ。実際にやってる会社ありますよねー?テレビで

見ました。まぁ、そんなことどーでもいいか(笑)

 

いろいろあって最後には、題名の通り幸せな気持ちになれる映画ですよ。

私は好きです。

このお店の外観がすべてを物語っています(笑)

 

2006年/日本

「シムソンズ」見た

DVDを手に取ったとき、シムソンズってなんだっけ?と思い考えてしまいました。頭悪いんですぐ忘れるんですよ。

でもPLAYボタン押すとすぐ思い出しました。ああ、あのカーリングの女子チームの映画ね!!

シンプソンズの綴りを間違えてシムソンズになったのウケます(笑)

映画と実際のシムソンズはいろいろ違うらしいけど、まぁそこは考えず映画だけを素直に楽しめば、ほんといい4人組でした。青春だわ!友情だわ! 

最初へったくそで氷の上でこけてばかりだったのに、最後には北海道大会で準優勝して、オリンピック行っちゃうんだもんな。感動ですよ。

美希が「私このチームでオリンピックに行きたい」ってゆーシーンは良かったな。

しかし加藤ローサは国仲涼子に似てますよねぇ…。先日まで「結婚できない男」を見てて、今日シムソンズ見たら、ほんと仕草とかそっくりですもん。うんうんうんうんって頷くところとか(笑)

このちりちり頭、だれかわかります?(笑)

大泉洋さんです。シムソンズのコーチ役。

彼がまたいい味足してました。

私このシーン(も)泣いたんですよね。

車の中から「お前が代表なんて言葉使うな。常呂の恥が!」って

罵声浴びるんです。

 

何言ってんだ!! コーチはなぁ、コーチはなぁ・・

※2006年/日本

 

「対岸の彼女」見た。

このDVDは以前、「結婚できない男」を見て夏川結衣繋がりで借りた記憶があります。

角田光代の長編小説をドラマ化したものでしたよね。

何年かぶりで見てすっかり内容忘れていました(笑)

テーマは友達でしょーか。

実際に誰にでも経験のあるよーな女性のいろいろがあって、引き込まれます。

見終わった今は、友達っていいな、人間っていいなって言う気持ちです。

「私ってさぁ、幼稚園のころからいじめられてて、友達もいなくて…」

(ちょっと違うけど、こんな台詞言ってる)

 

※2006年

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2021年04月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

木星と土星の大接近
2020/12/31 16:25
シュールスポット
2020/12/28 20:37
望遠鏡買ったよ
2020/12/08 15:05
労働してるよ
2020/11/30 21:58
“ちょっと旧車”の全塗装完了
2020/11/16 23:08

新着コメント

Re:昨夜は小アジの唐揚げ
2020/10/14 from 権限がありません
Re:昨夜は小アジの唐揚げ
2020/10/14 from 権限がありません
Re:りんごの祟りか
2016/10/10 from 野菜
Re:新しいカテゴリー!
2016/02/09 from 野菜
Re:新しいカテゴリー!
2015/08/16 from 権限がありません

Feed