エントリー

映画『深呼吸の必要』見た

泊まり込み1か月ほどの短期農業バイトをする若人たちのお話。舞台は沖縄の離島。作物はサトウキビ。

私も農業のバイトしたことがありますけど、サトウキビはぜんぜん知らないです。まさかアレを手で刈るとは思わなかったなー。大変すぎる。ぜんぜんやりたくないです(笑)

映画は基本ずっとサトウキビを刈って収穫してるんですけど、まぁバイトたちそれぞれに人生があるってことです。少しずつわかってきます。

おじいおばあは貫禄ですよね(笑) 演技がいちばん達者って感じ。“本物”みたいだった。

バイトが7人もいると私は顔が覚えられないんですよー(笑)

実はこの映画を見て今日で10日ちょっと経ってるんですが、それでもいちばん忘れず印象に残っているのは田所豊お兄さんですね。バイト参加者の中で最年長でベテラン、毎年時期になると島に来て今や現場を取り仕切っている。

大学生とかの他の人に「なんでそんなにえらそーなの?」などと煙たがられたりもする。はっきり言ってウザい(笑)

飲食店に行っても毎年来てるから“顔”で、店員が腰を低くしている。豊お兄さんは「うん、まぁ何かあったら俺に言ってよ」って感じ。いるいるこーゆー人ーって感じのお兄さんなのです。

でもこの人がいたからサトウキビも映画もなんとかなったのかなーって、そう思います。お兄さんは全国各地の農家を回って収穫とか手伝うのが仕事とゆう設定なんだけど、そんな人ほんとにいるのかな?(笑)

2004年/日本

 

 

のどに薬が詰まる

  • 2020/07/28 02:36
  • カテゴリー:日記

ビタミンCサプリが喉に貼りついたか引っかかったかで、今苦しくて死にそーになりました。

なんで詰まってしまうんだろ。痛かった。今までで ここまで酷かったのは初めて。もしかしてこのまま死ぬのかと汗がたらたら出てきましたもん(笑)

それでネットでそんな時どーすればいいのかと思って「薬 喉に詰まった 対処法」で検索したら とんでもないページが出てきましたよ。

①水を多めに飲む

②水を飲むときは正面を向く

③自然に直るのを待つ

 

もうふざけとんか!!(笑)
誰でもわかるわーそんなの

でも結局自然に治りましたけどね。

GUオンラインショップのおおらかさ

  • 2020/07/27 18:39
  • カテゴリー:日記

ジーユーオンラインショップってほんと変わってるわ…

今日コンビニにGUの荷物を取りに行ったら まだ届いてなくてびっくりしました。24日に出荷したメールが来てて今日27日だよ?メールよく見たら「28日より受取可」になってて、まぁ確かに間違ってはないけど、歩いて配達してんのかな(笑)

注文したのが20日なんですよね。で、普通ネットショッピングって即時に「注文承りました」ってメール来るじゃないですか。それが翌日の深夜に来るんだもんな。なんで深夜よ。怪しいメールかと思ったわ。

24日の「出荷メール」の翌日25日には「引き換え票番号お知らせ」メールが来てたのでもうてっきりコンビニに届いてるのかと思いました

アマゾンの感覚で買うとだめですね。個人輸入で海外に注文したつもりでいないと(笑)

昔は何でも日本って「早い」「丁寧」「キメ細かい」とか良いイメージが有り、外国は「いいかげん」「時間守らない」「遅い」「雑」だったけど、もうそんな時代じゃなくなってきてるのかもね。おおらかにおおらかに。

芸能人の自殺

  • 2020/07/20 12:49
  • カテゴリー:日記

芸能人の自殺が相次いでますね。

「自殺は人に迷惑をかけるから間違ってる」とか「弱い人間」とか人々は好きなこと言ってますけど、死んじゃった人にとってはもう他人が何言おうが関係ない。どーでもいいことですよね。むしろそーゆー わけのわからない決めつけをする人と関わらなくて済むよーに消えたくなったってこともあるかも。

私も自殺願望があり いつか死ぬと思いますけど、考えてみれば今まで死にたい気持ちが強まったときは他人に傷付けられたからじゃなかったかな。人だ人、人が人を傷つけるのだ。世界に一人しかいないのなら死にたくならない。そりゃ一人では寂しくて死ぬとゆーこともあるから、優しい信頼できる人には周りにいてほしいけど。

他人ってひどいよね。簡単に人を傷つけて平気。力の強い怖い人には何も言わずヘコへコしてるくせに、弱そーな人を見たらすぐ嫌がらせをしたり ちょっかいを出してくる。ハイエナみたいなもん。ネットを見てたら人間の本性が汚いってわかりますよねー。

私は最近そう思うようになって、このブログのタイトルも「あなぐらし」に変えました(笑) あまりほいほい人に関わっちゃダメ。傷ついて死にたくなる。巣穴に隠れていて時々警戒しながら外に出て餌を食べたり遊んだりする。そんな感じでできるとこまで生きよーかと。

だから「穴暮らし」とは対極にある芸能人なんて私には無理ですね…。芸能人の皆さんも時々穴に隠れたほうがいいですよ。

ネオワイズ彗星見たーい

今 夕方暗くなったころ彗星が見えてるらしいのに毎日曇りとか雨でぜんぜん見えないんですよね。ネオワイズ彗星ってゆーのですが、明るいときは1等級だったらしいです。尾も見えてるんですって!!

今日はそれを見ようと夕方ドライブに行ってきました。目的地はGoogleマップで適当に決めた“ごまさんスカイタワー”(笑) 和歌山の山奥なんですが、まぁそこを目指していけば どこか彗星見えるトコあるでしょ…と。

家を出る時から雲が多く、ダメかなーって思ってはいたんですが、ほんとにダメでしたね。向かっている途中にちらちら空を見るものの、全体的に薄雲に覆われほとんど青空は見えていません。

道が思ったより酷くて、細いつづら折りの連続…。ボロの軽自動車にはきつすぎる~~!! 目的地まであと30分って地点でガソリンが残り少なくなってきた上に 暗くなったのにまったく星が見えていないとゆーことで断念いたしました(๑-﹏-๑)

帰路、もうほんとに横が川と崖で真っ暗でイノシシに遭遇するなど大変でしたが、橋本市ってトコまで帰るとぱーっと町明かりが見えてホッとしました。人間の世界に帰ってきた!!

ネオ彗星もう限界かも…。日に日に暗くなっていくし尾も見えなくなる。天気予報は悪いしダメかなぁ。

Not Found

  • 2020/07/13 12:59
  • カテゴリー:日記

私の人生はネットに翻弄された人生でした。ネットが無ければまったく違う人生になっていたのは間違いありません。なにしろ興味を持ったものがすぐ調べられる、手を出してしまう。(バカだから)
たぶんネットが無ければもっと普通の幸せな人生だったんじゃないかな。たぶん今ココには住んでないです。

過去にいろいろお世話になったウェブページとかもあります。それが時と共に徐々に消えたり更新が止まったままになったりします。実際に会ったこともある人もいて、ああどーしてるのかな…なんて心配になったりします。

先ほども過去のブックマークを見ていると「Not Found」と表示が出て寂しい気持ちになりました。

みんないつかは消えてゆく。USBメモリに保存していたものまでメモリが壊れて消えてゆく。悲しいですね。

今日はそんな気持ちで涙出たから、この歌を歌いたいと思います。

40年後公園のベンチで
誰かが耳をすました時
遠い夜空のかなたから
俺の声が聞こえたらいいのにな

エンドロール/フラワーカンパニーズ

 

自殺を止めたタクシー運転手さん

ネットのニュースで読みました。タクシー乗客の女性が自殺しに行こうとしていることに運転手さんが気付き、止めたという話。

奈良県のとある駅でタクシー運転手の森田さんって人が女性を乗せ、行先として告げられた高見山(1248M)に彼女の服装がそぐわないってことに不審を抱いたんですって。1月の登山にしては軽装でしかも既に夕方。それで彼がいろいろ訊いたら彼女泣き始めて、駅の交番まで連れて行った…。

いやぁ読んで涙が出ましたね。どんな気持ちで山に行こうとしてたのか。首を吊ろうと思ってたのか。どんなことが彼女をそんなに絶望させてしまったのか。考えると泣けました。

いくら死を決断したのを止められてしまったと言っても彼女は優しく心配してくれる人がいて嬉しかったと思うんですよね。そりゃ助けてもらったって辛い何かが変わるわけではないし、その後すぐまた死のうと思うかもしれませんけど、きっとその時は嬉しいと思うんです。私なら嬉しいよ。

私も山の方の駐車場で車を止めて寝てたら警官が来て心配されたことがあります。私は寝てただけですけど(笑) あれは嬉しかったとゆーよりびっくりしたわ。

 

映画『いしゃ先生』見た

昭和初期、戦争より前の山形県旧大井沢村であった実際のお話らしいです。東京の大学を出て医者になったばかりの20代半ばの女性志田周子さんのお話。

日本のチベットとか揶揄されるぐらい山奥の無医村に診療所が作られ、村長をやってる父親に騙されて村に呼び戻され 3年間の約束でそこで働かされます。

診療所はセットで作られたのかと思いきや、実際の朽ちた診療所跡を修復?復元したものだそうですよ。

映画に出てくる景色が“村”とゆうより“山頂”だったんですけど、ほんとにあんなとこだったんですかね。あれならたしかにチベットかも(笑) 地図で診療所跡を見るとけっこう低地にありましたけど。

ストーリーはまるで作ったよーな伝説みたいで先が読めちゃうんです。まず診療所の医者になったものの一人も患者が来ない。村人は絵に描いたよーな田舎者で周子さんを信用せず陰口ばかり。

そんなことにはめげない周子さんは無償で往診を始めたりして村人の信用を得ようと努力する。そしていつしか認められてはくる。

3年が経ち東京に帰ればいいのに帰らない。とうとう東京で待っていた恋人に「君は誰のために生きているの? 駅に迎えに行く。もしその時君が来ていなかったら僕はきっぱり諦める」と最後通告を受けてしまう。それで周子さんも行こうとしてたのに出立寸前に急患が入るとゆうわざとらしさ…いや運の悪さ。

周子さんは死ぬまで村人のために医者を続けましたと。

いい話なのか悲劇なのかよくわからなかった。私なら診療所引き受けないし、薄暗い村人にあんな陰口言われたらすぐ出ていく(笑)

映画『世界は今日から君のもの』見た

これがですねー、何の気なしに見た映画だったのに わたし好みで良い映画だったんですよ。なんと言っても主演の門脇麦さんですね。5年間引きこもりの女の子の感じが良かったです。どことなく仕草が面白くてかわいい。

高校の途中から引きこもりになり5年…。時々父親の探してくるバイトをしたりして外界に出るんですが、すぐやめてしまう。父親は彼女に気を使っていて無理やり「働けー!」って怒ったりはしなくて、腫れ物に触る感じでどーしたらいいか困ってる感じかな。

これも父親の探してきたバイトだったんですが、ゲームのバグを探して一日中ゲームするバイトを始めて、その会社でひょんなことからイラストの才能を認められるんです。これがなんか良い。「いいなぁ、よかったねー」って心から思いました。私も何にも認められない人生なので(笑)

彼女はその会社で働くことでいろんな人に出会っていきます。その人たちからスケッチブックに何か描けと言われても「描けない…わたし、人の書いた絵 真似してるだけだった」と、まるでのだめカンタービレの のだめを気弱にしたよーな喋り方で逃げ出したりして…

まぁ主人公の真実ちゃん(門脇麦さん)の雰囲気が良いってことに尽きますね。みんなに「友達なんているの?」とか落ちこぼれとか言われる女の子の感じが良かったです。個人的に感情移入できました(笑)

2016年/日本

映画『南風』見た

日本台湾合作とゆーことで台湾っぽいかと期待したけど、なんか日本のテレビドラマみたいでした。つまんない。

出演者の言うことが台湾人なのに日本と同じなんだけど、おんなじなんですか?私は台湾行ったことないけど、あまりにも日本人的な発言行動が多かったのでどーなのかと…。トントンがまだ20代の藍子に「おばさん」って連発するあたり日本の高校生的ですしね。台湾もそんな感じなの?

あらすじは日本から仕事で台湾へ旅行してる藍子が台湾娘のトントンと出会い一緒に自転車の旅をするって話です。途中イケメン二人が出てきて“いかにも”ってやりとりがあります。

藍子の性格が日本のテレビドラマに出てくるよーなわざとらしく酒飲んで管をまいてぎゃーぎゃー言うウザイ女なので感情移入できない。設定がかなり無理がある。最後電車追ったりするかなぁ…。

もんくばっかり言いましたけど(笑) しまなみ海道も少しでてましたよ。それに台湾の景色が見れるのが良かった。まぁ、まず“サイクリングありき”の映画だったんでしょーね。サイクリングをテーマに何かストーリー考えろ!!的な。違うかな。

南風/2014年/日本台湾

 

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

新着コメント

Re:りんごの祟りか
2016/10/10 from 野菜
Re:新しいカテゴリー!
2016/02/09 from 野菜
Re:新しいカテゴリー!
2015/08/16 from 権限がありません
Re:目指せ社長、いや社員
2015/02/02 from 野菜
Re:目指せ社長、いや社員
2015/02/02 from ほわいと

Feed